#3「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」、7位入賞

開催日 2018年5月319日(土)~20(日) 場所 鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)
レース名 SUZUKA GT 300km Fan Festival  5.807km x 52 周、 参加台数:15 台 (GT500 クラス)
天候/気温 5 月19 日(予選日):晴れ(気温:21℃) 20 日(決勝日):晴れ(気温:20℃)
来場者数 5 月19 日(予選日):20,000 人  / 20 日(決勝日): 33,000 人    計53,000 人

【公式予選】

#3「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」、予選12位

 

SUPER GT2018、第3戦は鈴鹿サーキットで開催された。2006年以降、伝統の鈴鹿1000kmがSUPER GTのシリーズ戦に組み込まれていたが、このレースが昨年でいったん閉幕。今シーズンからは新たに、300kmの距離で行われることになった。開幕戦、第2戦と粘りの走りでポイント獲得を続けているNDDP RACING with B-MAX。今大会もポイント獲得、さらに上を目指し挑む。

 

予選日の鈴鹿は、快晴ながらも強風に見舞われ、午前中の公式練習ではその影響もあったのか、コースアウトする車両が続出し、セッションが3度も赤旗中断となった。そんななかでも#3 GT-Rは順調にメニューを消化。最終的には本山が1分46秒569と従来のコースレコードを約1秒上回るタイムを記録。予選に置き換えるとQ2進出圏内となる6番手に入った。

 

公式予選は午後3時5分にスタート。20分間のセッションで、最初の10分間はピットで待機。残り時間が10分を切ったところで、Q1を担当する千代がコースへと向かっていった。1周のウォームアップランの後にタイムアタック。1分46秒018と、公式練習の自己ベストタイムを上回り8番手に滑り込んだが、その後にアタックしてきたマシンがこのタイムを更新。最終的な予選結果は12位となった。

■NDDP RACING with B-MAX長谷見昌弘監督のコメント

「朝のフリー走行からクルマの調子がすごく良かったので、Q1で千代がトップ8に入り、Q2を本山で勝負する予定だったのですが、なかなかクリアラップをとるのが難しかったようです。鈴鹿では順位を上げることは厳しいけれど、決勝ではなんとかドライバーに抜いてきてもらいたいですね」

【決勝レース】

大幅ポジションアップで7位入賞

 

前日と比べ、風が穏やかになった決勝日。陽射しは強かったが風は涼しめで、まさにレース日和といった1日になった。決勝直前のウォームアップ走行が始まる前に計時システムの不具合が起こり、急きょ復旧作業を行ったため、決勝レースは予定より40分ほど遅れて午後3時28分にスタートとなった。

12番グリッドからスタートする#3 GT-Rは本山がスタートドライバーを務めた。後方集団の中で、なかなか思うようなペースで走れない周回が続いたが、序盤はポジションをキープ。GT300クラスが周回遅れとして現れ始めると、隙を突かれて一時ポジションを下げる形になり、14番手を走行中に他車がコースアウト。レースはセーフティカーが導入されることになった。

 

チームは、レースが再開した19周目にピットインする戦略をとり、本山はピットイン。千代は残り33周というロングスティントを任されることになった。暫定13位でコースに復帰すると、前後に続く車両がいない中で懸命にプッシュし、全車がピット作業を済ませた30周目には9位までポジションアップに成功した。その後は前後をLC500勢に挟まれ、激しい戦いに。#3 GT-Rは早めのピット戦略を採っていたこともあり、終盤は燃費も考慮しながらの戦いになったが、その中で千代はポジションを死守。その間に、ペナルティなどで順位を下げるマシンもあり、#3 GT-Rは最終的には予選順位から5つも挽回した7位でチェッカーを受け、3戦連続でポイントを獲得した。

■NDDP RACING with B-MAX 長谷見昌弘監督のコメント

「今回は、クルマの速さが今一つ足りない中で、2人のドライバーがよく走ってくれました。混戦で接触も多く、ペナルティを受ける車両もいくつかありましたが、そんななかでミスなく走り切ってくれた。開幕からノーミスで走ってきていますが、SUPER GTではこれが重要なんです。苦しい中でもよく頑張ってくれたとほめてあげたいですね。3戦を終えて、ライバル勢もウェイトが重くなってきますから、我々にもチャンスが増えるはずです。ミスのないレースを続けて、上に行きたいですね」

 

■本山哲のコメント

「予選12位からのスタートということで、かなり混み合った中で難しいレース展開になって思うように走れなかったけれど、ピットのタイミングと作業もはやく、何とか7位で終われたし、ポイントをきっちり取れたところはとても良かったと思います。きちんとポイントを積み重ねていくことは大事です。ただこの流れの中でもう少し上の順位でゴールできるように、何とか次も頑張りたいです」

 

■千代勝正のコメント

「早めのセーフティカー明けにピットインするというチャレンジングな作戦でしたが、コースがクリアな4周ぐらいまでプッシュして、全車がピットを終わった段階では前の方でレースができました。ただ最後の10周は燃費的に苦しくて、ガス欠で止まる可能性もあったわけですが、そこはしっかりマネジメントして7位という結果を残せたのは良かったです。次のタイにつながるレースになりました。予選順位をもっと前にいけるよう全員で頑張りたいです」

GT-R専門店クラフトスポーツ

〒371-0814 群馬県前橋市宮地町248-1

TEL:027-265-3388

FAX:027-265-1171

​E-mail:info@craftsports.co.jp

© 2018 CRAFT SPORTS. All Rights Reserved.

※弊社のホームページ画像、車輌情報を違法に転載しているフィッシング詐欺にご注意ください。