#3「CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」、13位完走

開催日 2018 年10 月20 日(土)~10 月21 日(日) 場所 : オートポリス[大分県日田市]
レース名 AUTOPOLICE GT 300km RACE  4.674km x 65 周、 参加台数:15 台 (GT500 クラス)
天候/気温 10 月20 日(予選日):晴れ(気温:15℃) 10 月 21 日(決勝日):晴れ(気温:17℃)
来場者数 10 月20 日(予選日):10,550 人  / 10 月21 日(決勝日): 20,380 人    計30,930 人

 

【公式予選】

CRAFTSPORTS MOTUL GT-R、予選15位

 

SUPER GT第7戦がオートポリスで開催。オートポリスでのレースは春~初夏に開催されることもあるが、今年は秋の開催となった。#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは第4戦、第5戦とノーポイントが続いたものの、前戦SUGO大会で8位入賞。最終戦に向け流れを引き寄せるためにも、2戦連続での入賞を目指し、オートポリス大会に臨んだ。

 

予選日の公式練習では、千代がセッション終盤の専有走行でドライブ。1分34秒259は、同じミシュランタイヤユーザーの#23 GT-Rよりも速いタイムで、12位となった。上位勢とはまだ差が開いていたが、この時点では気温も路面温度も低く、予選時にはさらに暖かいコンディションになることが予想された。そのコンディションに合わせるため、チームはさらにセットアップを煮詰めていった。

 

予想通り、午後には日差しも強くなり、気温、路面温度ともに上昇した。Q1は千代が担当。計測3周目に1分34秒695をマークし、さらにタイム更新を目指して連続アタックに入ったが、その1コーナーでタイヤをロックさせてしまい、タイムが伸びず。最終的に予選結果は15位となった。

 

■NDDP RACING with B-MAX長谷見昌弘監督のコメント

「クルマの状態は悪くなかったのですが、アタックでミスが出てしまいました。それがなければ最下位ということはなかったと思います。非常に悔しい予選になりましたが、明日はここから追い上げていくだけです」

【決勝レース】

苦しいレースを走り切り、13位完走

 

予選日に続き、決勝日も爽やかな秋晴れの空が広がった。気温17℃、路面温度は36℃。予選と同じような路面コンディションで、午後2時に65周の決勝レースがスタートした。

 

スタートドライバーは本山。オープニングラップで同じ日産勢の#24 GT-Rをかわし一つ順位を上げたが、その後は前の車との差が開いていたこともあり、順位キープのままで周回数を重ねていった。20周目を走行中に、GT300のマシンがコースわきでストップしてしまったことから、セーフティカーが入ることに。これで前との差も一気に縮まり、リスタートでオーバーテイクの期待がかかったが、リスタート間近の最終コーナーで本山がコースアウトを喫し、再び最後尾となってしまう。

 

コースアウトでのタイヤのダメージを考え、チームは規定最低周回数となる26周を終えたところでピットインの指示を出した。千代にドライバー交代すると、再び追い上げを開始。千代は安定したペースで周回を重ね、48周目に14位、59周目には13位と、少しずつポジションを回復していった。その後、いったんは前を走る#12 GT-Rの背中が見えるところまで迫ったものの、終盤は燃料をセーブしながら走らなければならず、バトルに持ち込むことはかなわず。そのままの順位でチェッカーを受け、13位完走となった。

 

■NDDP RACING with B-MAX 長谷見昌弘監督のコメント

「全体を通して、クルマの調子も悪くなかったですし、ピット作業もうまくいきました。この週末 残念だったのは、予選で千代が、そして決勝ではセーフティカー明けの本山がミスをしてしまったこと。これで予定よりも早くピットに入ることになり、燃費が苦しくなってしまいました。やはりスタート順位が良くなければ、上位には行けません。次が今シーズン最後のレースとなりますが、何とか予選から速さを見せられるよう、準備をしていきたいと思います」

 

■本山哲のコメント

「オートポリスはタイヤに厳しいサーキットなので、うまくマネージメントして持たせたいと思っていたのですが、ピックアップの症状が強く、ペースが上げられませんでした。厳しい週末になりましたが、気を取り直して、最終戦はしっかり準備をして臨みたいです」

 

■千代勝正のコメント

「タイヤマネージメントをしながら前に追いついていくというのが今回のテーマで、中盤のペースは悪くなかったと思います。前の車にもどんどん追いついていたのですが、残り10周あたりから燃費走行をせざるを得なくなりました。前を走る12号車が見えてきたところで、攻められればいいバトルができたと思うので、最後まで戦えなかったのは残念です。今シーズン、あまりいい結果が出せていないですが、このままでは終われません。最終戦、チームと一緒に頑張ります」

GT-R専門店クラフトスポーツ

〒371-0814 群馬県前橋市宮地町248-1

TEL:027-265-3388

FAX:027-265-1171

​E-mail:info@craftsports.co.jp

© 2018 CRAFT SPORTS. All Rights Reserved.

※弊社のホームページ画像、車輌情報を違法に転載しているフィッシング詐欺にご注意ください。