top of page

GT500 GT-R終了のお知らせ



GT-Rに憧れを抱いている未来のオーナー様が全国には沢山いらっしゃると思います。「前オーナー様より大切にされてきたお車を未来のオーナー様へ橋渡しさせて頂く。レース活動を通して全国の皆様に GT-R の魅力を発信したい。」その思いでスーパーGTのスポンサーを開始しました。


©NISMO

・2012年、#1 MOTUL AUTECH GT-RのリヤウィングにCRAFTSPORTSのロゴを入れるところから始まりました。2014年、2015年には松田選手・ロニー選手がドライバーを務める1号車は2度の優勝、シリーズチャンピオンも獲得しました。


©NISMO

・2016年は引き続き松田選手、ロニー選手がドライバーの#1 MOTUL AUTECH GT-Rのサポートを継続、更に本山選手、千代選手がドライバーを担当する「#46 S Road CRAFTSPORTS GT-R」サブスポンサーとして新たに参加させて頂くこととなりました。サポート拡大により、NISSAN/NISMOファンの皆様により一層満足して頂けるイベントや活動を積極的に行うことができたのは非常に喜ばしい事でございました。#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rは2度3位を獲得、#1 MOTUL AUTECH GT-Rは2度優勝しました。


©NISMO

・2017年は昨年同様両ドライバーと同体制を維持し、#46 S Road CRAFTSPORTS GT-Rは第4戦菅生で準優勝、#23 MOTUL AUTECH GT-Rは1度優勝、2度準優勝を獲得しました。

©NISMO

・2018年からはカラーリングも一新し、ファンの皆様からは「まるでワークスチームのGT-R」とも言われたホワイトのGT-R、ドライバーは本山選手と千代選手が務める「#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R」のメインスポンサーとしてNDDP RACING with B-MAX様とファンの皆様にご支援いただけたことは非常に感極まりました。健闘致しましたが、惜しくも入賞という形でシーズンを終えました。


©NISMO

・2019年には田中利和監督、平手選手、マコヴィッキィ選手を迎え、

#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは新たなチームでのレースとなりました。

第7戦SUGOでは悪天候の中日産勢でシーズン初の優勝を勝ち取り、これは私達にとっても今でも記憶に鮮明に残っております。#23 MOTUL AUTECH GT-Rは2度準優勝、2度3位を獲得し、日産ファンを沸かせる1年となりました。



・2020年は平手選手とGT500クラスに復帰した千代選手のコンビ、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは“攻める走り”でファンの皆様を沸かせ4位入賞、#23 MOTUL AUTECH GT-Rは2度の優勝を獲得しました。


©NISMO

・2021年には第4戦の鈴鹿で平手選手、千代選手がドライバーの#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rは準優勝を獲得し松田選手とロニー選手がドライバーを務める#23 MOTUL AUTECH GT-Rは優勝。日産勢が7年ぶりとなる表彰台独占となりました。これには多くのファンの記憶に残る歴史の1つになったことと思います。3号車は4位入賞、23号車は3位入賞をしております。


GT-Rのデビューから14年間経ちますが、他メーカーが車種を変える中で厳しい戦いをした時もあります。その中でも2019年Round.7 SUGOで優勝し、2021年Round.4 SUZUKAでGT-R 1-2-3が達成できたことは大変光栄でした。


メインスポンサーとしての4年間、輝かしい結果もあり、厳しい結果もありましたが、GT500クラス仕様のGT-Rが終了になるまで支え続けてきたことは何にも代えがたい出来事となりました。




NISMOチーム関係者の皆様、日産応援団の皆様、ファンの皆様のご支援があったからこそ私どもはSUPER GTで戦うことができたのだと切実に感じております。


そしてこの時代のスーパーGTに関わり関係者の皆様、日産応援団の皆様、ファンの皆様と同じ歳月を共に過ごすことができたこと、日本のスポーツカーの王者に君臨する素晴らしいクルマと出会えたことを光栄に思います。




皆様、3号車 CRAFTSPORTS GT-Rの応援本当にありがとうございました。



CRAFTSPORTS





ความคิดเห็น


最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
bottom of page